© 2014 by Akira KURISAKI

番外編 123DとLISAのビュー座標系のちがい

3次元CADでもCAEソフトでもモデルを扱うソフトウェアには必ず「ビュー操作」があります。そのビュー操作の中で特に使用頻度が高いのが、モデルが画面にすべて入るようにするビューのオートスケール・コマンドと、アイソメ表示です。

123DとLISAでは、アイソメ図のための座標軸のディフォルトの向きが異なります。

有限要素モデルの表示を主に考えると、アイソメ表示+オートスケールで以下の図のようになるのが自然です。

そのためには、123Dで左の図のようにモデルを作成しなければなりません。123DとLISAでは、アイソメ図の座標軸の向きのディフォルトがx軸回転で90度異なります。