© 2014 by Akira KURISAKI

実践編P.107 リンク部品の解析(回転フリー)

両端の穴に軸があり、回転に対してフリーとなるようなリンク部品の解析を行ないます。

 

リンク部品のSTLファイルのダウンロード

 

4面体の2次要素でメッシュ分割して、材料定数を設定。両端の穴は軸があることを想定して剛体要素で軸を表現します。LISAには剛体要素がないので、ヤング率を大きく設定して剛体要素の代用とします。穴の中心に節点を設け、放射状に剛体要素を張り巡らします。穴の中心点に回転方向がフリーとなるように拘束条件を設定します。中央の荷重がかかる部分も軸があることを想定し、同様に剛体要素を張り巡らします。そして解析。

 

リンク部品の解析結果ファイルのダウンロード

 

解析結果をアニメーションしてみてください。両端の軸の位置は動きませんが、回転方向がフリーとなって回転していることがわかります。